ブログ

H31年度粟津小日記

本校区の「こども110番」

校区内には5枚のポスター;「こども110番」の家

本校区の「こども110番」の家は、すべて学校から半径500m以内にあります。「こども110番」のポスターはいろんなパターンがあります。

「こども110番の家」の皆さん、もし、子どもたちが身の危険を感じた際には、ご協力よろしくお願いします。

子どもたちには、学校の行き帰りに近所の人にもしっかりあいさつをして、万が一の時は大きな声を出して、近所の人に助けてもらいましょうと話しています。

夏休み中は2冊の本が借りられます

夏休み中も、図書の貸し出しを行っているので、来てください。

夏休み中は学校はお休みですが、図書の貸し出しを行っています。毎日日直の教員が本を借りに来る子どもたちを待っています。2冊ずつの貸し出しです。読み終わったら、ぜひ、新しい本を借りに来てください。

登校日に本を借りている児童

粟津小校区の植物の紹介

まるでコップを洗うブラシのような花だから「ブラシの木」

本校区内では何本かのブラシの木を見かけます。見事な赤色で、とてもきれいな花です。

本当にコップ洗いに使えそうな花ですが、今は花はなく葉っぱばかりです。その葉っぱもよく見れば、ブラシのように葉がついています。

粟津小の植物の様子

ホウセンカの知恵、種の形にその秘密;球形をしていると・・・

今回は、ホウセンカの実について紹介します。ホウセンカは熟すと実がはじけ、中の種はその勢いでとんでいきます。もしとんで行った先が坂道ならどこまでも転がっていくという仕組みです。そのためにたくさんの方向に種がとびちり、翌年芽吹いてきます。

粟津小のホウセンカは、今まさにはそのときを迎えています。

下のものから弾けるます。花が咲いた順と同じです。

校区の植物の様子

子孫を残す工夫;ハルジョン、常に新しい花が一番上に咲く花

3年生理科の教科書に出てくる野の花の中の一つ。その花の咲き方は、順序が決まっています。まず、背丈が伸びて真ん中の花が一つ咲きます。次に側枝が伸びてきて、最初の花より高くなって花をつけます。この繰り返しで、どんどん花を咲かせていきます。だから新しい花ほど上にあるわけです。こうすることで、すべての花が受粉しやすくなります。自然の花はうまくできているものがたくさんあります。

いろんな花が見られる粟津小校区です。

夏休み中の、植物の様子

咲いてよし、蕾よし、枯れ始めてよしの被写体になる花だけど;ピンチです

かのゴッホは12枚のヒマワリを描いたといわれています。あの独特のタッチは見たことがある方も多いと思います。ゴッホは、満開の時だけでなく、いろいろな状態の花を描いています。その時々が絵になる花らしいです。

3年生が育てている、本校のヒマワリも花の時季が終わり、これから種が順々に熟していくのですが、ピンチです。あまりの重さに耐えられず、茎が折れています。この後が心配です。

登校日8/8の様子:集団下校時の注意は熱中症対策

適度な水分補給と塩分補給で対応 8/8

毎日のように熱中症のニュースがテレビから放送されます。小学生も例外ではありません。そのために、子どもたちには水筒を持って外に遊びに行くように話しています。また、大量の汗をかいたときには塩分が不足してきます。梅干しなど、塩分の高いものを時々口にするとさらに値中傷対策になります。

今年度の登校日は体操服での登下校です。いつもより人数が少ないのは、八多喜夏祭りに向けて、和太鼓クラブの児童が残って練習していているからです。

 

8/15 台風が愛媛県を通過しました。学校は風、雨ともに予想よりも強くなく、被害もありませんでした。地域や通学路はいかがでしょうか。何か、変わったことがありましたら、学校までお知らせください。よろしくお願いします。

台風が愛媛県付近を通過した日の朝

終戦記念日は大変静かな朝 8/15

台風の予想進路は、まっすぐ大洲市に向かっています。台風直撃かと思いきや、意外と静かです。当日の学校の様子です。

粟津小の「What is this?」 4

ピンク色の花を発見;曼殊沙華

本校区で見つけました。曼殊沙華です。今の時期に咲くのも驚きですが、その花の色にもっと驚きです。もしかしたら、違う種類の花なのかもしれません。

大洲市内に暴風警報発令 8/14

台風接近に伴い、警報発令中 8/14

本日、大洲市に「暴風警報」が発令されました。今後は、大雨となるおそれもあります。

不要不急の外出を控えるとともに、数日間は、川や用水路など近づくことなく、家庭で安全に過ごすようお子様にご指導ください。また、今後の天気の変化に留意し、もし、避難しなければならなくなったり、被害が起こったりした場合は、学校までご連絡ください。よろしくお願いいたします。