ブログ

H31年度粟津小日記

PTA親子奉仕作業ありがとうございました

きれいになった、校舎内や運動場 8/25

本日、PTA親子奉仕作業を行いました。天候が心配されましたが、何とか晴天時の内容を行うことができました。PTA会員の皆様、4・5・6年生の児童、自主的に参加してくれた1~3年生の児童、教職員、たくさんの方の協力により、運動場に畑、トイレや廊下、特別教室など、いろいろなところがきれいになりました。お陰様で、新学期を気持ちよく迎えることができます。本当にありがとうございました。

 

ついでに、奉仕作業終了、職員で芋畑の草ひきも行いました。きっと、おいしいお芋に育ってくれることと思います。

 

いよいよ明日からラジオ体操後半の部

夏休みの間に早起きの習慣を

いよいよ最後の1週間となります。本校では、最初と最後の1週間は定刻にラジオ体操をすることにしています。明日から始まりますが、天気が心配です。予報では、ほぼ毎日が雨になっています。雨が降っている場合は個人の判断になりす。テレビやラジオのスイッチを入れれば、各家庭でラジオ体操をすることもできます。新学期に向けて早起きの習慣を取り戻すためにも、ぜひ、取り組んでみてください。

写真は前半の部の様子

運動場の草引きをして新学期を迎える

本年度の運動会は9月15日

運動会の練習は、7月の終わりに取りかかりました。夏休みには「運動会に向けての練習」という宿題も出ています。その夏休み中、子どもたちが使うこともない運動場は雑草がたくさん生えてしまいました。このまま新学期を迎えることはできないので、職員が草引きを行いました。まだまだ、草が残っています。明日の奉仕作業でも、運動場の草ひきを行いたいと思います。

少し、雑草が減った運動場。

たくさんの本を読んでください

夏休みはたくさんの本を読むチャンス;職員室で待っています 

図書カードは職員室にあり、職員室で担当の先生が待っています。中にはほぼ毎日のように本を借りに来る子もいます。夏休みも残り1週間となりましたが、まだまだたくさんの本を読むことは可能です。ぜひ、本を借りに来てください。

粟津小の自然「ありの行列」

アリの行列 8/22

ありの行列です。中には卵を運んでいるものも。どうしてこのように行列ができるかは3年生の国語の教科書に載っています。

このアリには、「2-6-2の法則」というものがあります。ハタラキアリのうちよくはたらくのは2割、さぼっているありも2割というものです。よく見ると、せっせと白いものを運んでいるのは、一部です。また、逆方向に運んでいる(さぼっている)ものもいます。理科の自由研究にありの行列を観察してみるのもよいかもしれません。

粟津小の植物の様子「ゴーヤ」

夏の野菜といえばゴーヤをイメージする人が多いのは? 8/21

本校のゴーヤはなかなか実をつけないことを以前紹介しましたが、現在は毎日たくさん収穫できます。

緑のカーテンで、室内の温度を下げ、見た目にも優しく、たくさんの酸素を供給し、花はかわいく、実はおいしい?まさにいいことづくめのこのゴーヤ、熟してくると甘くなることはご存知ですか?青いうちは苦くて、熟すと甘くなるのは、多くの果物と同じです。

本校のゴーヤも赤くなり、そして、種ができているものもあります。今、いろいろな状態の「ゴーヤ」を見ることができます。

雑草の勢いに負けるな・・・芋畑

水やりも種まきもしていないのに・・・8/21

学校の芋畑の様子です。種まきも何の世話もしていないのに、雑草がぐんぐん成長してきています。おいしいお芋ができるように、何とかしなければと話し合っているところです。

かつて石の文明で一大国家を築いた、カンボジアのアンコールといわれる一帯は、首都を変えた後、自然の力に破壊されてしまいました。一部が残って、今は国旗にも描かれています。自然の力はすごいものがあります。人が手を加えなければ、やがて草や木に覆われてしまうようです。

学校の芋畑も雑草に負けないように、子どもたちと共に、おいしいお芋ができるまでしっかり世話をしていきたいと思います。

夏休み中の植物の様子 実の並びがはっきりしてきました

いくつもの実の並びが確認できて、花が終わった後も魅力的 8/20

本校のヒマワリは、あまりの実の重さに茎が折れてしまいました。しかし、まだ栄養は種に届いているようです。自然の力強さを感じます。そのひまわりの花ですが、外の花弁はすっかり枯れ、一つ一つの花びらもすっかりしおれてしまいました。その写真がこれです。

 

よく見ると、一つ一つの花(実)の並びがはっきりしてきました。いろんな方向からきれいに並んでいます。こういうのを幾何学模様というのでしょうか。自然の大変美しさです。花が枯れてもなお楽しめます。

この種の並び方は、フィボナッチ数列というそうです。

道路を歩くときは後ろにも気を配って

本校区ではシェア・ザ・ロードの精神が大切 

本校では、集団登校に使っている道路は、狭いところもあり、そこを、自動車も自転車も歩行者も使っています。安全に通るためには、譲り合いの精神が大切です。本校の集団登校時も班長は前からくる車に、副班長は後ろからくる車に常に意識しながら歩いています。

写真は8/8日の登校日の様子です。子どもたちが道を譲ったり、車の方に道を譲っていただいたりして、今年度も、登下校時の交通事故は「0」です。今後も、事故「0」が続くよう、ドライバーも歩行者もお互いに気を付けていきたいと思います。地域の皆様、ご協力よろしくお願いいたします。