ブログ

2018年5月の記事一覧

命を感じる授業;移動動物園 No2

心臓の音ってこんなに速いんだ 5/29

子どもたち一人一人に聴診器が配られました。まずは、自分の心臓の音を確認し、その後、うさぎの心臓の音を聞かせていただきました。小さい動物なので、また、激しく動くことが出来るので、心拍は人間より速く、約4倍の速さで動いています。そのことを、一人一人が聴診器をうさぎに当てて確認しました。うさぎに限らず、動物は命があって人と同じように血が流れていることが分かりました。また、うさぎの扱い方の注意がありました。耳だけを持つというのは耳の中の血管が切れるのでしないこと。おなかを自分の体に付けるようにだくとよいことなどを教えていただきました。また、動物と触れ合った後は、しっかり手洗いをすることを忘れてはいけないとの注意もありました。

ちなみに、体の大きい動物ほど心臓の動きは遅く、寿命も長い傾向があるそうです。

0

命を感じる授業;移動動物園 No1

動物園が学校にやってきた 5/29

子どもたちが楽しみにしていた動物たちがやって来ました。愛媛県立とべ動物園の出張訪問です。学校に来た動物は、うさぎ、ハムスター、ハリネズミ、そしてかめ。蛇も予定ではくることになっていましたが、本日は機嫌がよくないということで急遽欠席となりました。本校児童を、低中高に分けて、3グループずつ同じ授業を受けました。動物園からは3名の方が来ていただきました。それぞれ、分かりやすくそして楽しくお話をしていただきました。普段は、それぞれの方が、ハムスター、ジャガー、ラマ(リャマ)などを担当しておられるということでした。

では、本日の様子です。

体育館に集合

クイズコーナー

ウサギの心音コーナー

 ふれあいコーナー

こちらはなんでしょう?

ハリネズミです。本当に針がいっぱい。

 

0

天気のよくない日の昼休みは、体育館遊びます!

4年生以下の児童が入り交じってのドッジボール 5/28

昼休み、教室に子どもの姿がありません。運動場にもありません。なんと、体育館でみんなが遊んでいます。誰が呼びかけて集まったのか、たくさんな児童が一緒にドッジボールをしていました。4年生以下の児童がなかよくドッジボールです。

0

梅雨入りの中、水泳練習開始!

1日目の練習 早く水に慣れよう 5/28

練習開始初日なので、まずは、プールに入るまでの流れや、留意点等の話をしてから、練習開始です。予想通りの水の冷たさに、子どもたちからは声が出ません。季節的な物なので、泳げる期間にしっかり泳げるようになって欲しいと思います。安全には十分留意して指導をしていきます。

 

この後プールに入り、さっそく水の感触を確かめていました。

 

 

0

放課後のプール開始

プールサイドにマットを敷いてけが防止 5/28

いい天気が続いていたので、暖まっているかと思いきや…。本日より梅雨入りのニュース。太陽が出ないとなかなか水温は上がりません。冷たい水の中での水泳練習開始となってしまいました。

本日昼休みには、練習参加の児童に、練習で気を付けることや練習の進め方などの説明をしました。その後6年生はプールに移動して、最後の準備、マット敷きを行いました。プールの水は透明できれいで、そしてとても冷たそうです。

では、その時の様子です。

 

 

0

えひめ子どもスポーツITスタジアムに挑戦;5年生

スロー&キャッチラリーに挑戦! 記録は140 5/25

5年生の体育の授業です。

スロー&キャッチラリーとは、どんな種目かは、リンクをはったのでのぞいてみてください。現在1位の記録は150です。今後の記録の伸びが楽しみな種目です。

では、本日の授業の様子です。

まずは、体ほぐし

そして、スロー&キャッチラリー 

 

0

6年生留守の間は5年生が活躍

朝の奉仕活動、うさぎの世話、集団登校等 5/23,24,25

6年生が留守の3日間、6年生がしていた仕事は5年生が中心となってがんばりました。普段、6年生の行動をしっかり見ているので、自然と行動することができたようです。朝の集団登校では、3年生が班長旗をもって、がんばっている班もありました。

清掃活動では、リーダーとしてがんばっていたり、反省会の司会進行をてきぱきと行ったりしていました。放送等の委員会の仕事も責任を持ってできました。6年教室の生き物の世話も5年生がしていました。

ウサギの世話

朝の奉仕活動

 

5年生のみなさん、ありがとうございました。

 

0

修学旅行(3日目)全員元気に帰校しました。

6年生が帰ってきました。 5/25

帰校予定時刻の20分前には、既に数台の自動車が駐車場に停まっていました。

予定時刻を若干過ぎたころ、バスが駐車場に入ってきました。

バスの窓から手を振る子どもたちと、その子どもたちに応える保護者や兄弟のみなさん。バスが停車し、子どもたちが降りてくると、保護者のみなさんにも子どもたちにも素敵な笑顔があふれていました。

きっと、今夜はみやげ話に花が咲くことでしょう。

 

駐車場に入ってくるバス。

保護者の皆さんも子ども達が帰ってくるのを待ちわびていました。

 

さようならのあいさつです。

この後どんな会話がされたのでしょう。

 

3日間お疲れさまでした!

3日間お世話になった添乗員さん、バスガイドさん、運転手さん、本当にありがとうございました。

0